携帯サイトはこちら Wings of Healing-靈氣、FAP、オーラソーマ、タッチフォーヘルス、マジック-


ご予約前に相談可
京都市東山区三十三間堂近く
9:30-17:00/21:40-24:00
TOP Page セッション ワークショップ ご来店案内 予定表 ご予約 相談・お問合せ
 癒しの体験談・ドキュメント
FAP10回目
(無料+4回セット+10回セット/5回目)


(1)前回からの変化や気付き、セッション時のご自分の状態や状況
前回のセッション後から、少しずつ「やりたいこと」を素直にやれるようになってきました。
これまでは、「やりたいこと」をやろうとすると「やらねばならないこと」に気が行ってしまい、
結局やりたいこともやらねばならないことも、スムーズにできなくなることが多々あったのですが、
最近では「やりたいこと」に集中できるようになり、少しずつですが「やりたいこと」と
「やらねばならないこと」それぞれをバランスよくこなせるようになってきました。

また、今までは表に出せなかった「怒り」を、表現できるようになりました。
ただ、怒る原因が「私を理解してくれない」ことに繋がったとき、怒りをコントロールできなくなることがありました。
どうも今怒る原因に対しての反応+過去から蓄積された怒りを、爆発させてしまっているようなのです。
そのエネルギーは強烈で、なにかを壊さずにはおれないような強い衝動でした。
感じるだけ感じたら治まるかと思い、慟哭に身を任せてみたのですがむしろ逆で、怒りを表現すればするほど噴出してくるのです。
このことをSadhikaさんに話すと「まだ怒りをきちんと見れていないから、その怒りをどうしていいのか分からなくなっているようだ」と言われました。
そこで、今回のセッションでは「怒りの感情をちゃんと見て、コントロールできるようになる」をテーマに進めてもらいました。


(2)セッション時に思ったことや感じたことや心に残ったやりとり
今回のセッションは、割と淡々と進んでいったように感じました。
終了後、理由は分からないですがすっきりしない感覚と物足りなさが残りました。
気になったキーワードに「光」があるのですが、「自分では分からなくなってしまった物事=闇によって生まれた不都合や混乱などに光を当てたいときに出るもの」と説明され、正に今必要なものだと納得しました。すっきりしない、物足りない感覚=見たいのに見えない、理解したいのに理解できない・・・そういう風に感じたのです。

Sadhikaさんから、「もっと早く進めたいなら、母親に対して感じること・・・過去の自分が感じていたこと、今の自分が感じていることを、全て無条件にしゃべるか書きだすかすると良い」と助言も頂きました。
すっかり正体のわからなくなってしまった「怒り」を見るために、チャレンジしたいと思っています。


(3)セッション3日後くらいに何か変化や気付きがあれば
ふと思ったことですが、私の場合「怒り」が蓄積していった結果「悲しみ」へと変化していたようで、最初のころは怒りは感じず悲しみだけを感じていました。
セッションの回数を重ねるうち、悲しみは薄れ「怒り」を強く意識するようになりましたが、
「怒っている状態」の時、怒りの原因となった状況に対して希望を捨てていないのだな、と思い当たりました。
怒っているとき、強く感じるのは「どうしてこうなったのか知りたい」「理解したい」という衝動なのです。
どうして知りたいのか、理解したいのか・・・知って、理解して、現状を打破したいと思っているのです。
それに対して、悲しんでいるとき強く感じるのは「どうせ理解されないんだ」という衝動。
ここには希望はなくて、諦めや絶望感がありました。

怒りの感情に振り回されていた時、その衝動の強さにびっくりしたのですが、それだけ強く現状を変えたい、理解して幸せになりたいと、感じていたのだと思います。
そして、悲しみに暮れることをやめて、怒るエネルギーを取り戻したということは、幸せになりたいという希望を取り戻したということかもしれません。
○△▽□