携帯サイトはこちら Wings of Healing-靈氣、FAP、オーラソーマ、タッチフォーヘルス、マジック-


ご予約前に相談可
京都市東山区三十三間堂近く
9:30-17:00/21:40-24:00
TOP Page セッション ワークショップ ご来店案内 予定表 ご予約 相談・お問合せ
 癒しの体験談・ドキュメント
FAP14回目
(無料+4回セット+10回セット/9回目)


(1)前回からの変化や気付き、セッション時のご自分の状態や状況
前回のセッション後から、「私は誰からも選ばれない」という思いが浮かぶようになりました。
「お前みたいに醜いものはいらない」と積極的に否定されるのではなく、
例えば、気がついたら誰からも相手にされていなかった、であったり、
例えば、とても仲良くしていて大切にされていると思っていたのに、別の親しい人が現れた途端
相手にされなくなった、であったり・・・
存在を否定されるというよりも、存在そのものが周りに認識されていない感覚。
悪意も他意もなく、全てから選ばれない感覚。
うまく説明しにくいのですが、そういった感覚を自覚するようになりました。

また、夫がウイルス性肝炎にかかっていることが発覚したのをきっかけに、
実は心の内に、説明のつかない不安感や心細さをずっと抱えていて、それを我慢してみて見ぬふりを
していたことに気がつきました。
小さい時から、生きていくことに漠然と不安を感じていたのかもしれません。

不安感を自覚したおかげで精神的に不安定になる日が多く、
徹底的な自己嫌悪にさいなまれる日もありました。



(2)セッション時に思ったことや感じたことや心に残ったやりとり
今回は、カウンセリングメインのセッションとなりました。
夫の病気の事や、自己嫌悪のこと、どうしても自分に共感が持てないことなどを、
時間をかけて聞いて頂きました。
聞いて頂く中で、自己嫌悪感も、漠然とした不安感も、誰からも選ばれない感覚も、
すべて根っこは同じで、親から充分に守られている感覚を得られないまま成長したため
なんだろうなぁと気付くことができました。
それだけでも、心が軽くなった気がします。



(3)セッション3日後くらいに何か変化や気付きがあれば
不安な心を聞いてもらったおかげで、精神的な不安定さはずいぶんましになりました。
人に説明をすることを通して、自分の内面も整理されたのだと思います。

3ヶ月くらい前、「私は醜い」と思う気持ちを自覚したのですが、
具体的にどう醜いか、どうして醜いと思うまでは分からないままだったのでした。
今回自覚した自己嫌悪は、どう醜いと思っているかを自覚できた点で、以前よりは
深く自分を見ることができたように思っています。