Wings of Healing-靈氣の起源と歴史について

靈氣の起源と歴史について

靈氣とは 靈氣の起源 施術料金 靈氣伝授 体験談 参考文献

靈氣は、臼井甕男(うすいみかお)先生が、京都の鞍馬山での断食中に、
一大靈氣を頭上に感じられて悟った後、鞍馬山にてサナトクマラの啓示を受け、体得し、
たくさんの人が施術出来るようにと体系化なさった、日本発の手かざしによるヒーリングです。
悟るまで21日間であったと一説に言われていますが、それは海外の説であり、
3週間目であったこと以外、本当のことはどこでも語られていないそうです。
これが靈氣の起源です。

3年後に臼井先生が亡くなった後、GHQの戦後指導のため廃れてしまいましたが、
林 忠次郎先生がハワイ在住の日系二世の高田ハワヨ先生を靈氣マスターとして
認定する事を通してハワイに伝えられました。
高田先生は晩年までに21名の靈氣マスターを育てられ、そこから
1986年から世界中に広がっていき、日本にも逆輸入という形で入ってきて、
現在日本でも全世界でも再び注目を集めています。
それが海外式靈氣です。

当店では宇宙源泉の光と今の時代に必要な情報、そしてヒーリング方法と
ヒーリング時の倫理や心構えについてもお話しています。